Smile
笑顔だよ
⭐️巫女の伝言

【プライドと嫉妬】「人は、自分を愛していないから嫉妬するんだ。面白いもんだね。」

【巫女の伝言】

「哲学の巫女」

池田晶子女史の言葉

【プライドと嫉妬】

自尊心を持つ、

ということと、

プライドがあるということは、

間違いやすい。

誰も自分が大事で、

プライドがあると思っているけど、

それなら他人に侮辱されても

腹は立たないはずだよね。

なぜなら、

自分で自分の価値を知っているなら、

他人の評価なんか

気にならないはずだから。

嫉妬という感情も同じ理屈だ。

他人が自分よりも

優れているように思えて、

ヤキモチを妬く。

あるいは、

好意を寄せている人が

別の人に好意を寄せていることを妬く。

でも、

自分にとっては自分こそが

一番なんだと知っているなら、

こんな感情はあり得ないはずだよね。

人は自分を愛しているから

嫉妬するんじゃなくて、

愛していないから嫉妬するんだ。

面白いもんだね。

『14歳からの哲学』

【正義と嫉妬の倫理学】

人というのはじつによく

嫉妬をするものだ。

誰か他人の幸福を妬んでは、

飽きずに腹を立てている。

ところが、

人間てのは面白いよねえ。

この嫉妬という感情、

恥ずべきものだということが、

誰もがちゃんと、

わかっている。

なぜなら、それを、

隠そうとする。

他人に対しても、

自分に対しても、

それがないかの如く

振る舞おうとする。

しかし、

その恥ずべき感情を、

自分が抱いているということは、

自分にはあまりに明らかだ。

人はそれを隠しきれない。

出してしまいたくなる。

しかし、

出すのは恥ずかしい。

そこで人は、

それを偽装して出す。

その名が「正義」だ。

あるいは「倫理」だ。

正義と倫理が、

嫉妬の別名なのだ。

『無敵のソクラテス』

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ ・孤低の黄昏ブロガー・趣味サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。