Smile
笑顔だよ
浜辺のボトル

【本田宗一郎】「耐える心に新たな力が湧くものだ!全てそれからである。心機一転、

一行で人々の心に刺さる文章、それが一行詩
また、生きるヒントや支えとなる人生訓・名言・格言
それらの先人からの座右の銘ともなりうる言葉・文章は、
【言葉の彫刻】とでもよべるような
深くて重い言葉の芸術の趣きがあります。
そしてそれらが今、【ボトルメッセージ】として、
この島の浜辺に流れ着きました。

【本田宗一郎】

耐える心に、新たな力が湧くものだ。

全てそれからである。

心機一転、

やり直せばよいのである。

長い人生の中で、

そのための一年や二年の遅れは、


モノの数ではない。」

〈本田宗一郎について

”夢へ向かうエネルギーにあふれ、

周囲の人々を奮い立たせ、

ホンダを世界的企業に成長させた異色の経営者。

本田宗一郎(1906〜1991)

1948年本田技研工業(ホンダ)設立。

15年後の1963年、日本の最後発四輪車メーカー

として、四輪車事業に参入、その後、大きな成功を収め、

現在のホンダは、世界でも屈指の自動車メーカーとなる。

彼の口癖の一つに、「人の心に棲んでみよ」がある。

それは、お客様の心の中に自分を置いてみて、

いったい、どんな商品を本当に望んでいるのか、

深く考えよ、ということである。彼は、市場調査をして、

開発すべき製品の内容を決めることを嫌った。

「自分たちは技術の玄人だ。お客さんは素人。

その素人の意見を聞いて製品を決めるのか。」というのである。

一言で表すならば、”思いやりの人”であった。

〈nippon.com〉参照引用

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ ・孤低の黄昏ブロガー・趣味サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。