ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
日がな一日

我が人生、良くて後10年、長くて20年くらいのつもりで日々漕いで行く。

今日のヤフーニュースで、

 

俳優の風見しんごさん(60)が、

年内いっぱいで芸能活動を一区切りし、

来年から米ロサンゼルスに語学留学する。

 

そんな記事を見つけて、「えっ、60歳から?」

すごいなって、そのパワーはどこから?なんて、

 

思いながら記事を読み進んでみると、

6年ほど前から奥様と次女(19)さんが、

米国で生活していて、風見さんは都内で

ずっとひとり暮らしをされていたとの事、

何でも、若い時から留学希望はあった上に、

現在、奥様と娘さんは日常会話は英語で、

自分だけ(風見さん)会話に入れないので、

家族にも追いつかないといけない。

コロナで行き来出来なくて全く会えなかったけど、

今ならと思い、第二の人生に挑む決心をしたとの事。

 

「どうなって帰って来られるかは分からないけど、

ちょっと学んでみたいと思います。」と語る、

風見さんの笑顔は爽やかでした。

 

なるほど、還暦過ぎての家族離れ離れは、

ちょっと辛すぎるし、何より風見さんは、

お子さんの事故などでお若い頃にご苦労されているし、

この決断はすごく自然なことのような気がします。

 

かくいう私も、最近の旧友との会話に出るのは、

定年が幾つだった。再雇用で幾つまで働ける。

だいたい会話の半分以上がそんなやりとりで、

残りの会話は、やれ身体のどこそこが痛い。

運動は何が良い!食事は何が良い!なんて、

若い頃の会話とはまったく違います。苦笑。

 

そんな会話ばかりしているものだから、

ある時急に、オヤジ幾つまで生きてた?

なんてことを思って、改めて仏壇の過去帳を、

オヤジは74歳で旅立って、おふくろは86歳、

 

その過去帳をマジマジと見つめながら、

来年には65歳を迎えるわたし、

「良くて後10年、長くて20年!」

それくらいのつもりで残りの我人生、

日々、淡々と漕いで行こうかな、、。

なんてことを思い浮かべる日常に、

フッと目に入った風見さん米留学の報、

何だか同時代を生きて来た者として、

とても励まされるし、どうか、

幸せな留学期間を過ごせます様にと、

心から励ましたい気持ちになったひと時でした。

 

まあ、オヤジやおふくろとは生きた時代も違うし、

生きた環境もかなり違っているので、

おなじ年齢で逝くなんてこともないとは思うけど、

やっぱりちょっぴり意識はしてしまうので、

一応その年齢を頭に入れながら、

しっかり日々を味わいながら、

悔いなきように過ごしていきたい。

 

 

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です