Smile
笑顔だよ
黄昏読書時間

50歳からの【病気にならない】食べ方・生き方

生き方道標【要約文庫】

50歳からの「病気にならない」食べ方・生き方

50歳からの【病気にならない】食べ方・生き方

医学博士石原結實(著)

”石原式”で
病気知らず
医者いらず。
「生涯現役」の
体を手に入れよう!

〈著者経歴〉

1948年長崎市生まれ。

スイスの自然療法病院B・ベンナー・
クリニックや、モスクワの断食療法病院で
ガンをはじめとする種々の病気、
自然療法を勉強。現在は東京で漢方薬処方をする
クリニックを開く傍ら、伊豆で健康増進を目的とする
保養所、ヒポクラテイック・サナトリウムを運営。

著書は、韓国、中国、台湾、アメリカ、ロシア、
ドイツ、フランス、タイなど世界各国で100冊以上
翻訳出版されている。先祖は代々、鉄砲伝来で有名な
種子島藩の御殿医。

①、50歳からますます健康な人生を!

②、病気にならない食べ方・食べ物

③、病気は自分で治す

要点まとめ

①、50歳からますます健康な人生を!

・免疫は満腹では働かない。
 ・運動不足・食べ過ぎ

{結論}

①、食べ過ぎない。

②、身体を温める。

②、 病気にならない食べ方・食べ物

・日本の和食が一番。

〈石原式基本食〉

 ①、朝食:食べない
ニンジン・リンゴジュース
  ショウガ紅茶

 ②、昼食:軽く
 薬味たっぷりの蕎麦・うどん
 タバスコしっかりのパスタ・ピザ
  (腹八分以下)

 ③、夕食:好きな物
  バランスよく何でも
 アルコールもOK

 ※少食実践法

①、朝食なくても力は出る。

②、空腹には糖分
 黒砂糖・蜂蜜入り
 ショウガ紅茶

③、美味しいと感じる
食物こそ、健康に良い。

 {二木謙三博士の食養論}

赤ちゃん(ハイハイしてるから)
〜熟したもの(柿・トマト等)

10代(体力的に漁が出来るから)
〜魚介類

20〜40代→(狩猟出来るから)
・肉類を食べても大丈夫な体力

50代〜(体力が落ちるから)
・魚介類に戻す。

80代〜(量も狩りも出来ない)
また熟したものに戻す。

※塩と水

・出せる前提であれば
摂っても大丈夫。
(出すことが先)

※根菜類を積極的に摂る。
・下半身の弱り(腎虚)
 →精力低下

{根菜類一例}

・ニンジン
→万病に効き、滋養強壮
・ゴボウ
→生活習慣病予防
・山芋
→消化促進、老化防止
・大根
→気管支炎、消化不良
・レンコン
→胃潰瘍、十二指腸潰瘍
・ニラ
→血液浄化、殺菌
・ニンニク
→肝機能強化、発汗
・ネギ
→解毒、消炎、利尿、発汗
・玉ねぎ
→鎮静作用、疲労回復

【病気にならない運動・生き方】

〈下半身✖️腹筋〉
※下半身の衰えから生命力が弱る。

 ・血流体温アップ
 ・内臓を守る
 ・ホルモン分泌

〈下半身の運動〉
①、ウオーキング(早歩き)
②、スクワット
③、もも上げ(筋力のない人)

※お腹はお中
(一年中、一日中腹巻を)

【心の健康】

100歳以上まで生きる
上手な歳の取り方

①、社会的な活動も積極的に!
 利他の心、協力
(自分は誰かの為に何が出来るか?)

・怒らない。
・愚痴をこぼさない。
・過去を振り返らない。
・人の為に何かをする。
・希望を持つ。

”年老心不老”
・年老いても心は老いず。
〈もう60歳よりも、まだ60歳〉

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ ・孤低の黄昏ブロガー・趣味サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。