Smile
笑顔だよ
黄昏純情ハート

65歳からの食う寝る稼ぐ!→食う・寝る・遊ぶ!

65歳からの食う寝る稼ぐ!

思えば遠くへ来たものだ。

学業を終えて、社会に出てから、

右も左も分からないままに、

たくさんの事で悩みながらも、

その都度、良かれと思いながら、

自分なりに大小の決断を積み重ねながら、

ここまで到達したのだけれど、

それは何も私だけに限ったことではない。

人は誰しもがそうやって生きているものだ。

そして人というものは、

食べなければ、寝なければ、生きてはいけない。

そしてそのためには、稼がなければ始まらない。

食べていくために稼ぎ、寝るために稼ぐ。

そうやって考えてみると、

人が生きるということは、

つくづく単純なものだと思えてくる。

というか、単純に考えた方が生きやすい。

食う・寝る・稼ぐ。

シンプルに考えてみればこの繰り返しが人生。

子供の頃は、食う・寝る・遊ぶ。

学生の頃は、食う・寝る・学ぶ。

振り返ってみると子供の頃は、

遊ぶのが仕事だからなんて言われて、

ずいぶんと野放図に育てられるし、

それがある時期を過ぎると、

勉強が仕事だよ!に切り替わってくる。

そしてまたある時期が過ぎると、

稼ぐことが仕事になって生きる事の全てになる。

考えてみればその頃から人は、

ストレスなるものを大きく意識する様になる。

それというのもそれだけ稼ぐという行為は、

容易くはないという事なのであろう。

遊ぶことは容易かった。

学ぶことも容易かった。

それが稼ぐ事になった途端に、

容易ではないものに変わるのはこれ如何に。

遊ぶことは容易い。

学ぶことは少し容易い。

稼ぐことは容易ではない。

でもこうやって改めて考えてみると、

実のところ、遊ぶ事も容易いばかりではなかった気がするし、

学ぶ事も容易いことばかりではなかった気がする。

それが稼ぐ事になると、一気にハードルが上がって、

容易ではない事という固定観念に捉われてしまうのが、

多くの人の実情ではないであろうか?

ある意味それもそのはずで、子供の頃は、

遊ばなくても食っていけるし寝ることも出来る。

学生の頃も同じで、学ばずとも生きてはいける。

それが自立した途端に、自分で稼がなければ、

食うことも寝ることも出来なくなって、

生きられないというプレッシャーが襲い掛かる。

弥生時代や縄文時代なら、

野山に寝て、自然を食って、

それでも生きてはいけるけれども、

その分大きなリスクに晒されながら

生きているわけだけれども、

文明時代の現在、そのようなリスクは

無くなったけれど、また違ったリスクに

晒されながら生きていく。

ある意味、人が生きるって儚く空しい。

だからこそ、心を空にして、

その空しさと同化しながら、

生きていくことが最善なるものなのかな。

心を空にして、

遊ぶように稼いで、稼ぐことを遊ぶ。

その昔、かの名コピーライター糸井重里さんの、

日産・セフィーロのコマーシャルで流れた

食う・寝る・遊ぶ。

これって意外と哲学的だったんだな。

65歳過ぎたら、

食う・寝る・遊ぶ。

極めて生きてみよう。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ ・黄昏のパドラー・趣味サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。