ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
サーファー名言

【サーファーの名言】「アーリック・ユール」何本かの波があれば、私の心は洗浄される。バレルの中に水平線が見え、宇宙を

一行で人々の心に刺さる文章、それが一行詩
また、生きるヒントや支えとなる人生訓・名言・格言
それらの先人からの座右の銘ともなりうる言葉・文章は、
【言葉の彫刻】とでもよべるような
深くて重い言葉の芸術の趣きがあります。
そしてそれらが今、【ボトルメッセージ】として、
この島の浜辺に流れ着きました。

No.044【アーリック・ユール】

何本かの波があれば

私の心は洗浄される。

バレルの中に

水平線が見え、

宇宙を

抜けるような速度で。

夢の音楽のように。

波乗りには

違う縮尺と、

音階があり、

規則的な

リズムがある。

そのリズムは

常に私が、

必要としていて、

すばらしい

自分自身に

なれるために

親密な関係にある。

私は海を愛している。

芸術家の感性に

シンクロする海のリズム

カリフォルニアの

彫刻家で、

実験的な

サーフボード

製作者でもある

アーリック・ユール。

フィッシュという

ボブ・シモンズを

起源とし、

ステイーブ・リズの

手によって

誕生した革新的な

サーフボード・デザイン

に傾倒し、

それを自らの

宗教的主題として

位置づけ、まるで

彫刻を生み出すように

様々な素材を用いて

想像する

あーテイストだ。

概念に捕われない

自由な発想で

生み出される

ボードとは

どんな

乗り心地

なのだろうか。

〈サーファーへ100の言葉〉

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です