ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
サーファー名言

【ロブ・マチャド】スタイルこそすべてだと思う。この波をどのように乗れば良いのかなんて誰も教えてくれない。

一行で人々の心に刺さる文章、それが一行詩
また、生きるヒントや支えとなる人生訓・名言・格言
それらの先人からの座右の銘ともなりうる言葉・文章は、
【言葉の彫刻】とでもよべるような
深くて重い言葉の芸術の趣きがあります。
そしてそれらが今、【ボトルメッセージ】として、
この島の浜辺に流れ着きました。

No.058【ロブ・マチャド】

スタイルこそ

すべてだと思う。

この波をどのように

乗れば良いのかなんて

誰も教えてくれない。

サーフィンは自己表現

そのもので、自分の

好きなように

乗ればいい。

波とシンクロする

止まらないサーフィン

ケリー・スレーターとともに

時代を牽引してきたロブ・マチャド。

同じ価値観を共有しながらも、

ケリーとは対局にあるような、

まったく無駄のない

流れるようなその

サーフィン・スタイルを有し、

ケリーがトム・カレンの

サーフィンを進化させた

スタイルだとすれば、

マチャドは

ジェリー・ロペスの

スタイルを進化させた

スタイルといって

いいだろう。

どこまでも

リラックスして

無駄な動きが

いっさい無く、

それは、

”止まらないサーフィン”

と形容された。

〈サーファーへ100の言葉〉

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です