ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
文彰のブログ

【中秋の名月】秋の風物詩「8年ぶりの満月」

 

黄昏一人暮らし

〜老いを楽しくひとりを生きる〜

嬉しかった出来事や

暮らしの中での想い、

様々な出来事をを綴った

楽しかった日記のようなもの。

〈黄昏ブロガーナルーのlifeエッセイ〉

はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私のプロフィールもご覧ください。

中秋の名月

「中秋の名月」2021年9月21日は、

秋の風物詩、「中秋の名月」だった。

何でも、8年ぶりに満月と重なるので、

今年の月は、丸い満月を眺められるとのこと、

だったのだけれども、何となく少し、

それほど期待したほどでもなかったような。苦笑。

「またそんなことを言って」月に失礼ですね。笑。

わりと普段から空を見上げたり、月を眺めたり、

どちらかと言うと好きな方なので、自然といつも

月は見ている方なのですが、もっときれいで、

もっと鮮やかに光り輝いた月が印象にあるので、

昨夜の月は、ホントに期待外れ感が少しあった。

まあ、別に月が悪いわけでも何でもないのですが。笑。

それに別に、月の研究家でも何でもないので、

それほど期待した「中秋の名月」が期待外れだったとしても、

何故だ?どうしてだ?と、深く考え込むタイプでもなし、

「あ〜イマイチ!」くらいのもので、すぐに切り替えて、

息子夫婦にもらった「名品だと言われる丸房露」

こっちの方がよほどまん丸で美味しくて心満たした。

さすが、全国菓子博金賞受賞作、、。笑。

それにわたしは、もともと満月よりも、

三日月(みかづき)とか上弦の月とか、

なんか欠けてて、少し儚げな月の方が好きかな。

これから満たしていきますよ〜みたいな。笑。

余談ですが、夜空に浮かぶ月のイメージ、

そんなに研究した人はいないようなのですが、

「暗闇を研究」している人はいたみたいで、

何でも『「闇学」入門』なる本を執筆した作家が

いるということらしくて、世の中広いし不思議です。笑。

それほどわたしは、闇に興味がないので、今日は、

これ以上深堀せずに締めたいと思います。笑。

何年か前に見た満月はすごく綺麗で印象的だったなあ、

その時のわたしの心の満たされ加減で、見える月の印象が

変わってしまうというのはあるのかもしれないな?

はて?今のわたしの心の満たされ加減は如何ばかりか?

三日月に満たされるわたしが健全か?満月に満たされるのが

健全なのか?神のみぞ知る!と言うことで、、。笑。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です