Smile
笑顔だよ
文彰のブログ

【牡蠣鍋】牡蠣の一人鍋!とんでもない贅沢を味わってしまった!(笑)。

ショローの男生き方

〈黄昏時は黄金色〉

ナルーが徒然に、
スローに波乗りする気分で書く
エッセイのようなもの。

生牡蠣を塩水に浸けて汚れ落とし中

いやはや、とんでもない贅沢を

味わってしまった!!

先日、友人から頂いた生牡蠣、

これが凄い代物で、

おったまげた!!(笑)。

まさに産地直送そのもので、

杵築市守江産の超本物!

その箱を手にしただけで、

ズシッとくる重さ、、。

これはどう考えても、

おひとりさまの自分だけでは、

あまりにも食しかねると思い、

すぐさま仕事中の息子にLINE。

「牡蠣を頂いた!帰りに寄るべし!」

すぐさまの「了解!」の返事から、

息子の驚きようが伝わってくる。

夜になって、息子が喜び勇んで

やって来た!(笑)。

さっそく二人でその箱を、

ジワリジワリと開けてゆく。

「マジか!!」の息子の驚声が響く!

眼の当たりにしたのは、

まごうことなきTHE牡蠣!

それも大量の、今の今まで磯に居ましたの、

そんな趣きたっぷりの超絶牡蠣!ビックリ❗️

「これお父さん、二人じゃ無理!」

「そうだな!まあとりあえず分けよう!」

ということで、その日は夜も遅くなったので、

四つ五つほどを、レンジでチンして、

晩酌のアテにいただいて、(超美味!)

翌晩、はてさてどうしたものかと、

ネットで、牡蠣鍋レシピの検索、、。

いやはや便利な時代になったものです。

しっかりレシピを頭に入れて、

それから具材の仕入れに買い出しです。

さてこれで準備は整ったところで、

いよいよ、牡蠣の身を取り出します。

マイナスドライバーで牡蠣の殻を、

パカリと開けていきます。

その身を見た瞬間、「ゴクツ」と生唾。

もうそのままツルツといきたい欲望を、

しっかり理性で抑えて、坦々と作業を

進めること三十分あまり、無事に

全部の牡蠣の身を取り出して、

勇躍「独り牡蠣鍋」始まりです!笑。

プリプリの牡蠣満載鍋

これがもう、超絶美味のプリピリで、

海のミルク、元気の素エキスたっぷりで、

鍋でグツグツしてもそのサイズ感は、

まったく変わることのない本物のTHE牡蠣。

こんな独り年寄りがこんな贅沢を味わっても

いいんだろうかと、妻と一緒に味わっているつもりで、

ゆっくりとその至福の時間を堪能いたしました。(喜)。

至福の独り牡蠣鍋

「至福の独り牡蠣鍋」

とんでもない贅沢を味わってしまった!

残った牡蠣のエキススープが、

あまりにもったいなさ過ぎて、

翌日、「牡蠣スープうどん」にして、

頂いた海の幸のすべての栄養を、

この老体に納めきって、

ますます頑張らねばと決意する今日この頃。

詩人永瀬清子の言葉を思い出した。

「老」

自分にやさしくする事を

自分にゆるす。

今日は日曜日、ゆっくり

心も身体も休めよう。

感謝です!!!。「人生に乾杯!」

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ ・孤低の黄昏ブロガー・趣味サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。