Smile
笑顔だよ
”天国への電信”

💠【祥月命日】亡き妻の7年目の祥月命日に寄せて

💐〈7年目の祥月命日に寄せて〉

2014年8月11日、早朝、

枕元の、私の携帯電話の着信音が鳴った。

画面に映った発信先は、

妻が入院している緩和ケア病院だった。

一瞬で目覚めた私が電話に出ると、

努めて冷静な様子の落ち着いたなかにも、

少し切迫した声のトーンで、

慈愛に満ちた看護師さんからのその言葉は、

「奥様のご様子が、、、。」

「わかりました。今からすぐに参ります。」

月日の経つのはあっという間で、

早いものですね。つい先ほどの出来事のようです。

あの日からもう、7年という月日が経ちました。

長いようであっという間だったこの間に、

あなたが命を賭けて生み育てた◯◯も、

石ころだらけの道でしたが、

しっかりとその歩みを進めることが出来、

今ではその自分の道を、

確かな足取りで歩んでいっています。

私も少し肩の荷が下りた気がしています。

きっとこれも、あなたがはるか空の上から、

そしてあるときは、すぐ傍に下りてきて、

決して私たちには見えない導きの賜物だと、

わたしは密かに確信しています。

あなたのその貴い魂そのままに、

まるで生写しのように育ってくれた息子、

あなたが手塩に掛けて育てた息子、

優しいあなたから、優しい息子への

「手から手へ」しっかりとそのバトンは

受け継がれていますよ。

わたしも、あなたから受け継いだあなたの遺志を、

何だかやり遂げたような気持ちがしています。

思い残すことは残り少なくなりつつありますが、

まだ幾つかのやり遂げなければならない事、

諦めるわけにはまいりませんので、

今しばらくこちらで、誠心誠意、

頑張ってみようと思っています。

これからも私たちふたりの生き様を、

遥か遠く空の上から、またあるときは傍で、

しっかりと導き守っていて下さい。

最愛の亡き妻へ

7年目の祥月命日に寄せて

不肖の夫より、、、。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ ・孤低の黄昏ブロガー・趣味サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。