ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
⭐️潮騒詩集

【谷川俊太郎】「二十億光年の孤独」”かなしみ”あの青い空の波の音が聞こえるあたりに何かとんでもない

古今東西、多くの詩人たちの作品、
     〈潮騒の詩集〉

「かなしみ」

かなしみ

あの青い空の波の音が聞こえるあたりに

何かとんでもないおとし物を

僕はしてきてしまったらしい

透明な過去の駅で

遺失物係の前に立ったら

僕は余計に悲しくなってしまった

〈詩人茨木のり子”詩のこころを読む”〉が
上梓されたのが1979年茨木のり子52歳のときで、

その第一章にあたる「生まれて」の冒頭で
この現在詩のトップランナー谷川俊太郎の
「二十億光年の孤独」に収められている「かなしみ」

わずか6行2連の短詩ですが、

じっと青空を眺めるさま、

少年(少女)時代のことを
懐かしくも思い起こさせてくれます。

その遠い昔に感じた想いは、、。

短くも深い詩のような気がします。

〈茨木のり子作品〉

〈谷川俊太郎作品〉

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です