ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
文彰のブログ

【【黄昏Walker】「大分いこいの道」広場】「至福のひとり散歩」

散歩シーン

bright sunny morning view of man walking on pedestrian bridge in british autumn.

初老の男のひとり散歩を、

ひとつのカテゴリーで、

そのときに、気付いたこと、

ふと突然閃いたこと、

あるいは黙々と考えたことなんかを、

一括りにしてまとめていこうかな、

ということで、今日から始めてみます。

記念すべき第1回目は、

「大分いこいの道」広場

大分駅の駅裏(上野の杜口)にある「大分いこいの道」広場は、

大分駅の上野の杜口から出てすぐの横断歩道を渡ると、

左手にホルトホール、右手に芝生たっぷりの広場が広がっている。

ただ、「ひとり散歩」が趣味と言っても、

初老の男のひとり散歩は、

一歩間違えると、「徘徊」と間違えられる

危険性を伴っているのである。(笑)。

「散歩」はあてもなく歩くこと「散策」とあり、

「徘徊」は、「どこともなく歩き回ること」

「ぶらつくこと」とあり、ほぼほぼどちらも

同じようなことであり、強いて言えば、

言葉のおこりから、「散歩」は

歩くことに重点がおかれ、「徘徊」は、

うろつくことに重きがおかれている

ぐらいの違いと言えよう。と辞書にはある。

まあしかし、まわりから第三者が見て、

「散歩」と「徘徊」の違いを

きっちり見分けるのは、

なかなか面妖なことではあるかな?苦笑。

若い頃の趣味は「サーフィン」だったので、

砂浜やボードの上で足腰は鍛えられては

いたのだけれども、ここにきてめっきり

衰えた感じが否めないのと、

最近のオリンピック中継なんかで、

サーフィンで日本人が男子銀メダル

女子銅メダルを獲得したりなんかしてて、

その動画を見る度に海への郷愁みたいなものが

ふつふつと湧き上がったりなんかしたのだけれど、

ちょっとここは冷静に現実を考えないとな。と、

ガタガタ・ボロボロの身体と相談してみて、

「やめときなさい!」の天の声で、ここは

「ひとり散歩」に落ち着けておこう。と結論。笑。

と言うわけで、今回はこの自宅から出て、

総所要時間30〜40分のコースの

「大分いこいの道」散策と相成りました。

コースは、板張りの路面もあれば、

芝生の路面もあって、脚に負担の少ない設計で、

たくさんの木々が植えられてもあり、

緑豊かで、目にも優しいうららかな気分で周遊出来る

まさに「いこいの道」の名に偽りのない。

散歩道度満点のコースとなっています。

この日は時間が、丁度お昼前後の、

家族サービスタイムとも重なっていたので、

周りにはたくさんのファミリーが居て、

「ひとり散歩」の初老の男には、

少し眩しい光景が広がってはいたのだけれども。

これからも「徘徊」と間違えられないように

颯爽とした雰囲気を醸しながら、

「ひとり散歩」楽しんでいこうと思う今日この頃でした。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です