ブルーに恋して
晴れ晴れと生きる
文彰のブログ

【50代から生き方のうまい人、へたな人】積み重ねてきた今日は、何ものにも代えられない財産。

「暮らし綴り」

(シニアブロガーナルー)が、

寄せては返すさざ波のような日々に、

何となく楽しいと感じたこと、

フッとこころに浮かんできたこと、

さざ波の調べのように、

穏やかにゆるやかに文章に綴った

エッセイのようなブログ。

〈黄昏ブロガーナルーのlifeエッセイ〉

はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私のプロフィールもご覧ください。

今日の大分の空模様

雲はあるけど洗濯日和
お猿の楽園高崎山上空

ようやく雨模様も一段楽のようで、

雲はたくさん掛かっているけど、

一応の晴れ模様、そして今日は洗濯日和、

どこのお家も、ベランダいっぱいに洗濯物。

そしてわたしは、せっせとブログの更新です

「50代から生き方のうまい人、へたな人」

何を書こうかと、フッと目をやった先にこのタイトルが、

50代から生き方のうまい人、へたな人
PHP研究所 刊

〈キャッチコピー〉

「人生後半戦、楽しく、イキイキ過ごしたい!

心軽やかに、上手に生きるコツを

探ってみましょう。」

確かに、老いを感じ始めると、

こういうコピーについ目がいきます。苦笑。

老後こそ、楽しく、イキイキ過ごしたい。

だからこそ、ついつい、この類いの雑誌に

手が伸びてしまうのです。シテヤラレタ感。笑。

ちょっといいな、と感じた文章を、一部引用

してみたいと思います。曽野綾子さんの文章。

「そもそも、人生は(半分努力、半分運命)

だと思っています。自分で、こうだ、と決めて、

努力すれば必ず実るという簡単なものではない。

プラス面であれマイナス面であれ、

運命に流されてこそ、思いもよらぬ

新しい世界へ連れて行っていただける

のではないでしょうか。

だから、私は逆らいません。」

「命だってそうです。

寿命という言葉はギリシャ語で

(ヘリキア)と言いますが、

これには寿命の他に、

「その職業に適した年齢」と、

「背丈」という意味もあるのです。

どれも、努力で変えたくても、

どうしようもないものですね。

その人に合った命の長さがある。」

なるほど、確かに、

「人生は半分努力、半分運命」

言われてみれば、腑に落ちるお話です。

そして、曽野綾子さんは、

このようにまとめられています。

「自然に、運命に身を任せる。」

「ちょっとしたことでも、人と話をする。」
(老いてこそ会話を楽しんでみる)

人生後半戦、心軽やかに、

楽しくイキイキ生きるコツ、

少し、生き方がうまい人に、

近づける気がしないでもありません。

運命に身を任せながら、

自然に、楽しく老いを過ごしてみます!

「老楽(オイラク)ライフ」

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です