Smile
笑顔だよ
ギャラリー潮騒

グッドオールド[Surf Bicycle] ブリキおもちゃ アンティーク アメリカ雑貨 ガレージグッズ 置物 オブジェ 店舗 オールドアメリカン

【ブリキ・アンテイーク】Surf Bicycle

ブリキの素朴感が味のあるグッドオールドシリーズの置物です。 レトロな空間を演出するには最高のアイテムです。 ブリキの味わい深い雰囲気をどうぞ楽しんでください。 ノスタルジーな置物を、お部屋のアクセントとして飾ってみてはいかがでしょうか? ■サイズ:約W.21 x D.9.5 x H.13cm ■重量:145g■材質:ブリキ(鉄)

〔懐かしき昭和の記憶。ブリキのおもちゃ〕

ブリキのおもちゃの歴史は古く、

1800年代の半ばにドイツで作られたのが

始まりといわれている。

日本には明治時代の初期に輸入された。

海外のおもちゃを模倣した製品から始まり、

次第に精巧なオリジナルの製品が

作られるようになった。

しかし、1970年代に入ると生産量は次第に減少。

「プラスチック」「ダイキャスト」「塩化ビニール」

といった新素材の登場に押され、

増加した人件費の影響もあって現在では

ほとんど見られなくなった。

それでも日本製のブリキのおもちゃは

世界的に評価が高く、最盛期に作られた製品は

コレクターズアイテムとして

今も人気を集めている。近年「アナログレコード」が

再び脚光を浴びているように、ものづくりの技術が

詰め込まれたブリキのおもちゃも

最注目されているのだ。

〈男の隠れ家・デジタル〉引用。

ブリキがおもちゃの素材に

使われた理由として、金属でありながら

紙のように印刷ができる点が挙げられる。

彩り豊かな表現ができる素材は、

多様な造形を楽しむおもちゃに最適だった。

また、加工が容易であり、

落としても壊れにくく、スズに毒性がないことも

メリットだった。

古き良き時代に作られたブリキのおもちゃは、

「いい感じ」にサビがつき、色褪せていく。

経年変化が独特のレトロ感となって、

新たな魅力を醸し出している。

〈男の隠れ家・デジタル〉引用。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ ・孤低の黄昏ブロガー・趣味サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。