ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
ギャラリー潮騒

ヴィンテージカー【BBURAGO】 VW ビートル アイボリー(1955) 1/18スケール ブランド: ブラーゴ

ヴィンテージカーVWビートル(1955)アイボリー

左右のドアー、エンジンフードは開閉可能。エンジンルームは細かなところまで再現!超クールなアイテムです!
是非に入れて、じっくりお楽しみくださいませ~♪量産モデルにつき、仕上がりに個体差がございます。予めご了承願います。
BBURAGO製 1/18スケール ダイキャストメタル&プラスチック ※ディスプレー台付属(ねじで固定されてます)
パッケージサイズ サイズ 1/18スケール 材質 ダイキャストメタル プラスチックパーツ 合成ゴム ブランド ブラゴ製
その他 対象年齢6才以上。 量産モデルにつき、仕上がりに個体差がございます。予めご了承願います。

〈ヴィンテージカーとは〉

ヴィンテージカーとは、簡単に言えば

古くてクオリテイの高い車となりますが、

似たような言葉に「クラシックカー」

「旧車」「ヒストリックカー」などがあります。

実際のところ、その定義は曖昧で、

ヴィンテージカーを取り扱うショップでも

幅の広い年代、車種を販売していることが

多々あります。

広く定義するなら、

「過去に生産された品質の高い車」となります。

具体的にいつからいつまでに作られた車という

定義はないようですが、イギリスの

ヴィンテージスポーツカークラブでは、

1919年から1930年までに

生産された車を定義としています。

国産車では、1960年代から1970年代に

生産された高級車をヴィンテージカーと

していることが多く。

「旧車」という名称で呼んでいることも

多くなっています。

国産車であえて分類するなら、旧車のうち、

高級車や希少性が高く価値のある車を特に

「ヴィンテージカー」とするような雰囲気もあります。

外車においては、自動車の歴史が古いため、

日本国内でいうヴィンテージカーの範囲も

広くなる傾向があります。

いずれにしても、具体的な定義は定まっておらず、

「古くて希少で質の高い車」という程度の認識で

間違いないかと思います。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です