Smile
笑顔だよ
黄昏読書時間

新版【ずっとやりたかったことをやりなさい】全米で25年間愛され続けるロングセラー

本の力で心を立派な樹に育てる
”読書の樹”本要約で素早く養分吸収!
”渚の風文庫”
新版【ずっとやりたかったことをやりなさい】ジュリア・キャメロン(著)
忘れかけていた夢を叶えた人、続出!
全米で25年間愛され続けるロングセラーの完全版です!

(著)ジュリア・キャメロン(訳)=菅 靖彦

「本書のテーマ」

”どんな人でも何歳からでも創造的に生きられる”!

私たちは全員創造的であり、
いくつかのシンプルなツールを使えば、
誰でももっと創造的になれる。

①創造性を
阻まれている私たちは、自分自身を
容赦なく批判しがちだ。
「あなたの中の検閲官が言う
否定的な意見は、真実ではない。」

②あなたの中のアーティストは子供であり、
食べ物が必要だ。アーティストチャイルドに栄養を!

あなたの中の否定的な意見(論理脳)と、
あなたの中に潜む創造性の赤ちゃん(アーティスト脳)。

論理脳を一旦停止させ、アーティスト悩を自由にさせる
方法(創造性の回復育成基本ツール)。
あなたが何歳で、どのような人生を送ってきたにせよ、
また、創作することが職業、趣味、夢のいずれにしろ、
自分の創造性を引き出すのに
遅すぎるということはない!

創造性回復育成二つの重要な基本ツール

①モーニングページ

毎朝、ベッドから出て、まっすぐモーニングページに向かい、
三ページほどの手書きの文章、意識の流れをありのまま綴る。
モーニングページは、ただ手を動かし、心に浮かんでくるものを、
そのまま書き留める。卑劣なこと、愚かなこと、馬鹿げたこと、
奇妙なこと、どんなことでもかまわない。言ってみれば、
「脳の排水」「行動する瞑想」と呼んでいいかもしれない。
他人の目には触れさせないもの。毎朝15分ほどの実践。

②アーティストデート

あなた自身の創造的な心(本書では、内なるアーティストと呼ぶ)を
育むために特別に確保される週二時間ほどの時間のかたまり。
それは、あなたと内なるアーティスト、すなわち自分の内部にいる創造的な子どもとのデート。
例えば、大型雑貨店に行く、ビーチへのひとり旅、一人で見る古い映画、
水族館やアートギャラリーに足を運ぶ。
どれも時間がかかるが、お金はそうかからない。大切なのは時間をかけること、
子供にとって、親と過ごす時間の方が、費やされるお金よりも重要なのだ。
毎週、アーティストデートに時間を割くようにしよう。

要点まとめ

◉多くの人はもっと創造的になりたいと思っている。
「自分は本来、もっと創造的なはずだ。
それなのにそうした力を発揮できない。」
ともどかしく感じている。
夢をこの手でつかむのは簡単なことではない。
かといって、夢のない人生は退屈だ。
私たちは創造的な人生に憧れる。仕事や家庭生活の中で、
あるいは友達とのつきあいの中で、
もっと創造的でありたいと願うのだ。
著者曰く。「創造性はスピリチュアルな実践である。
私たちを通して働く偉大なる創造主に心を開くだけでいいのだ。
そうすれば、私たちはスピリチュアルなエネルギーが世界に
入ってくる回路になる。創造性がどんな形態を取ろうが、
偉大なる創造主は私たちを花開かせてくれる。」

そのための12週間の実践方法(アーティストウエイ)
アーティストウエイは霊的な旅であり、
自分自身へ帰る巡礼である。

最後に参考として、本書の目次を引用しておきます。

第一週〜安心感を取り戻す

第二週〜アイデンティティを取り戻す

第三週〜パワーの感覚を取り戻す

第四週〜本来の自分を取り戻す

第五週〜できるという感覚を取り戻す

第六週〜豊さの感覚を取り戻す

第七週〜つながりの感覚を取り戻す

第八週〜芯の強さを取り戻す

第九週〜思いやりの心を取り戻す

第十週〜守られているという感覚を取り戻す

第十一週〜自立の感覚を取り戻す

第十二週〜信じる心を取り戻す

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ ・孤低の黄昏ブロガー・趣味サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。