ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
文彰のブログ

「90歳の女性が60代にギターを始めたいと思ったが今更と諦めた」今思えば

「暮らし綴り」

(シニアブロガーナルー)が、

寄せては返すさざ波のような日々に、

何となく楽しいと感じたこと、

フッとこころに浮かんできたこと、

さざ波の調べのように、

穏やかにゆるやかに文章に綴った

エッセイのようなブログ。

〈黄昏ブロガーナルーのlifeエッセイ〉

90歳の女性が60代にギターを始めたいと思ったが「今更と」諦めた!今思えば30年もできたのにと後悔した!

少し前に見たこのニュースを、最近また思い出した。

このニュースを見た時に、アラ環真っ最中のワタシにとって、

そうそう!ホントそう!って思った次第で、

もう毎日そんなことを思ったり考えたりしています。笑。

20代、30代、あるいは40代の時に、興味を持ったことは、

一つや二つじゃなかったはずなのに、もちろんその時々で、

出来ない理由や、やらない言い訳は、ちゃんとこころの中に

腑に落ちてたとは思うんだけど、今思えば、ホント

勿体ない人生だったのかなって後悔ばかりです。苦笑。

それだからか、アラ環になって、60歳を過ぎると、

もうその後悔はしたくない、人生80年~100年時代なら、

今から何か始めたとしても、20年~30年出来るから、

もう後悔はしたくない!その後悔したくないという気持ちは、

若い頃に比べると、まったく比べ物にならないくらいに大きいし、

比べものにならないくらいに強いものになっています。

そんな気持ちがベースにあって、35年やってきた法人事業も

解散手続きに入ったし、まったく新しいコト(ブログ運営)にも

着手出来たし、もちろん、次から次に壁は立ちはだかってくるけど、

その壁ひとうひとつを乗り越えた先にの20年後、30年後、

もう後悔なんかしたくないから、出来ない言い訳、やらない言い訳、

そんなゴミみたいなものは、全部ゴミ箱に捨てながら、かならず

出来るという希望、やれるという希望を、こころの中に大きく強く

燃やしていって、この90歳の女性の

「60代にギターを始めたいと思ったが、今更と思って諦めた!

今になって思えば30年もできていたのにと後悔をしている!」

この言葉を肝に銘じて、人生燃え尽きるまで、夢と希望を持って、

チャレンジしながら生き抜いてみたいと思う今日この頃です。

特に最近、YouTubeで観ているかつてのフォークの旗手たちや、

この頃の市井の若い釣り女子たちの動画に、強く影響されています。

ホントに年甲斐もなく!苦笑。何かモノづくりがしたいな!笑。

そう言えば、

天風さんの著書「ほんとうの心の力」の中の一節に、「心は秘密の玉手箱」というのがあった。

【心は秘密の玉手箱】
人間の心の中の思い方、考え方というもの、

いわゆる思念力というものは、

それはそれはすごい魔力のような力をもっている。

心は、我々に悲劇と喜劇を感じさせる

秘密の玉手箱だ!

【中村天風翁】

心の持ち方ひとつで、人生は変えられる!

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です