ブルーに恋して
晴れ晴れと生きる
ビルク技能士

【キレイが好き!】ビルクリーニング作業久しぶりにガッツリと!

 

昨日は、久しぶりにガッツリと、

 

ビルクリーニング現場作業してきた。

 

内科クリニックの床クリーニング、

 

窓ガラス・網戸のクリーニング、

 

毎日のお掃除もしている現場だけども、

 

年に一度の本格的クリーニングだ。

 

まあ、かれこれ30数年やってるのだけど、

 

いつの時も緊張感はあるし、

 

だから、入る数日前くらいから、

 

ずっと、頭の片隅にあって、

 

天気も気になるし、前夜は少し、

 

寝付きが悪かったりもするし、

 

まあ、若かった頃なら、勢いもあったし、

 

元気満々だったし、体力もあったし、

 

日々のルーテインみたいに何気に、

 

やりこなしてきた事なのだけれども、

 

2年ほど前に還暦過ぎて法人を解散して、

 

ただ一人になって個人事務所として、

 

この同じ作業を迎えてみると、

 

随分と趣の違う作業に思えるから不思議です。

 

もちろん、一人で出来るような作業ではないので、

 

応援スタッフもしっかり確保して望んではいるけど、

 

緊張感自体は全然変わらないし、

 

ただ疲労感は、若い頃の数倍かな?苦笑。

 

ただ漠然と疲労感と言っても、

 

それは肉体的な疲労感が半端ないだけで、

 

精神的な疲労感はまったくない。

 

それは確保している応援スタッフとの、

 

相性とでもいうのか、その人間性が、

 

素晴らしいおかげで、ただ気持ち良く、

 

終日そのクリーニング作業を楽しく、

 

そして具合良く滞りなくこなすことが出来た。

 

のではあるのだけれども、途中途中での、

 

わたし自身の体力的な衰えは、

 

如何ともしがたく、ずっとマイペースに、

 

ゆっくりと作業を楽しみながら、

 

そして全体の流れを楽しみながら、

 

身体のあちこちの悲鳴を聞きながら、

 

若かった頃の同じ場面での自分を、

 

穏やかな気分で思い出しながらの、

 

楽しい1日ではあったのだけれども、

 

その夜の疲労感は半端なかった。苦笑。

 

しかし、そんな疲労感も、あくまで、

 

充足感に満たされたものであったから、

 

実に心地良い疲労感であって、、。

 

網戸クリーニング中の、

 

水養生をして、専用洗剤でブラッシング、

 

そして水で濯ぎをする時に流れる汚水、

 

その汚水を眺めながら、

 

流す自分の心もキレイになってるようで、

 

やればやるほどココロが洗われていくようで、

 

クリーニング作業を終えた後の、

 

やっぱり「キレイが好き」なんだなあ、、。

 

という確かな実感。そしてすべての作業終わりを、

 

全員で確認していきながら、

 

すっかりキレイになった現場を見てまた、

 

やっぱり「キレイにする」っていいなあ、、。

 

なんて感慨に浸って、最後に、

 

院長の確認を頂いて、院長からの、

 

「ありがとうございました!」

 

「またお願いします!」。

 

この瞬間に、すべてが報われるのであったが、

 

老体はそのとき、もうすでに悲鳴を、

 

上げつつあったのでありました。苦笑。

 

やっぱり「キレイが好き!」なんだなあ。

 

じゃなければ、40年近くもやらないよな。笑。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です