ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
潮騒詩選集

【亡き妻の遺作】人生はカレーのようなもの。

「コトバ」、それは言語の姿をしていない、
もう一つの見えない「言葉」。

”老いてこそ楽しく生きる”
を標榜する老楽詩人の
「コトバ」に出会う旅。

”老楽詩人のコトバ旅”

妻が遺してくれた【夢】

人生はカレーのようなもの。

辛いスパイスや

悲しいスパイスが、

人生をおいしくする。

この絵葉書は、

今は亡き妻が、20年ほど前に、

サーフインに夢中な私を描いて、

それに詩を付けてくれた

今となっては、遺された家族にとって、

貴重な一葉となっています。

難病を抱えて、

車椅子での生活を余儀なくされていた、

にもかかわらず、

何故か、家族を前向きにさせてくれる

背中を強く押して貰える、一葉【夢】

亡き妻の心の夢が、偲ばれます。合掌。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です