ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
⭐️潮騒詩集

【帰郷】中原中也第一詩集「山羊の歌」

古今東西、多くの詩人たちの作品、
     〈潮騒の詩集〉

【帰郷】

柱も庭も乾いている

今日は好い天気だ

縁の下では 蜘蛛の巣が

心細そうに揺れている

山では枯木も息を吐く

あゝ今日は好い天気だ

路傍の草影が

あどけない愁しみをする

これが私の故郷だ

さやかに風も吹いている

心置きなく泣かれよと

年増婦の低い声もする

あゝ おまえはなにをして来たのだと

吹き来る風が私に云う

{中原中也について}

文学史上に大きな足跡を残した
近代詩人中原中也は、

明治40〈1907〉年4月29日、
山口市湯田温泉に生まれました。

小学校高学年より短歌を制作、
雑誌や新聞の歌壇に投稿を始めます。
その後、ますます文学に熱中し、
立命館中学へ転校のため京都へ移り、
高橋新吉や冨永太郎の影響を受けて、
詩人としての人生を歩み始めます。
大正14〈1925〉年上京。
小林秀雄、河上徹太郎、大岡昇平
らを知り、昭和4〈1929〉年
友人たちと同人誌「白痴群」を創刊。
昭和9〈1934〉年には、
第一詩集「山羊の歌」を出版し、
詩壇に認められるに至りました。

昭和12〈1937〉年10月22日、
山口への帰郷を願いつつ、鎌倉の地で、
30年の短い生涯を閉じました。

その生涯を詩人として生き抜いた中也は、
珠玉の詩篇を後世に残し、
日本をはじめ海外にも知られ、
多くの人々に愛されています。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です