ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
 晴れ晴れ日和

【自分一人で石を持ち上げる気がなかったら、二人でも持ち上がらない】詩人「ゲーテ」

一行で人々の心に刺さる文章、それが一行詩
また、生きるヒントや支えとなる人生訓・名言・格言
それらの先人からの座右の銘ともなりうる言葉・文章は、
【言葉の彫刻】とでもよべるような
深くて重い言葉の芸術の趣きがあります。
そしてそれらが今、【ボトルメッセージ】として、
この島の浜辺に流れ着きました。

自分一人で

石を持ち上げる気がなかったら、

二人でも持ち上がらない。

ドイツの詩人「ゲーテ」

よく言われることに、
二人で起業しても上手くいくことは少ない。

それは、どちらもどちらかを頼りにしたり、
いつの間にか甘えのようなものが
気持ちの中に芽生えるからなのかもしれません。

「ゲーテ」

ドイツの詩人、劇作家、自然科学者、美術研究家、政治家。

フランクフルトの富裕な家に生まれる。
父は生真面目な法学のドクトルで、
生涯一私人として暮らした。
母は想像力に富む明るい女性。
ゲーテは大学で法学を学び、
その地のロココ的風潮に親しみ、
恋の喜びと悩みを知り、アナクレオン風の恋愛詩をつくった。
ロココ風の戯曲「恋人のむら気」「同罪者」によって
早くも創作の才を示す。
後に大学に学び、法学得業士の称号を得る。
また後に、古典主義の芸術観と人生観の修練を経て、
哲学者、詩人、政治家、芸術家、として多彩な生涯をおくる。

”生きること、それはよいことだ”というのが究極の信条でもある。

百科事典マイぺデ イアより抜粋

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です