Smile
笑顔だよ
ヤモメの雑記帳

【2011年3月11日】あれから11年と1日が経ちました。

 

十年ひと昔と人は言いますが、

 

2011年3月11日から数えて、

 

10年とさらにもう一年と一日。

 

 

思い起こせば、この日わたしは、

 

午前中、息子の大事な人生イベントの、

 

結果発表があまり芳しい結果でなく終わり、

 

家に帰って、ショックで寝室でふて寝してた所に、

 

いきなり寝室のドアが開かれて、

 

車椅子の妻が、「お父さんちょっと来て!」、

 

普段こういう時は、わたしの気が済むまで、

 

そっとしておいてくれる妻にしては珍しいな、

 

と思いながらリビングに行くと、

 

テレビ画面に映っている光景に、

 

一瞬で心臓が止まったかのように、

 

身動きできないまま画面を凝視するだけの、

 

わたしがそこには居ました。

 

 

Rescue Team searching operation on debris and mud covered at Tsunami hit Destroyed city in Rikuzentakata on March 20, 2011, Japan. On 11 March 2011, an earthquake hit Japan with a magnitude of 9.0, the biggest in the nation’s recorded history and one of the five most powerful recorded ever around the world. Within an hour of the earthquake, towns which lined the shore were flattened by a massive tsunami, caused by the energy released by the earthquake. With waves of up to four or five metres high, they crashed through civilians homes, towns and fields.

 

 

あまりの惨状に、何が起きたのか理解出来ずにいると、

 

画面はつぎつぎに様様な光景を映し出していきます。

 

Rescue Team carry exhumed body on debris and mud covered at Tsunami hit Destroyed city in Rikuzentakata on March 18, 2011, Japan. On 11 March 2011, an earthquake hit Japan with a magnitude of 9.0, the biggest in the nation’s recorded history and one of the five most powerful recorded ever around the world. Within an hour of the earthquake, towns which lined the shore were flattened by a massive tsunami, caused by the energy released by the earthquake. With waves of up to four or five metres high, they crashed through civilians homes, towns and fields.
Japanese Mom and baby wait for escape airplane at airport in Fukushima on March 15, 2011, Japan.On 11 March 2011, an earthquake hit Japan with a magnitude of 9.0, the biggest in the nation’s recorded history and one of the five most powerful recorded ever around the world. Within an hour of the earthquake, towns which lined the shore were flattened by a massive tsunami, caused by the energy released by the earthquake. With waves of up to four or five metres high, they crashed through civilians homes, towns and fields.

 

 

ようやく何が起きたのか、少しずつ理解していると、

 

 

車椅子の妻が、優しい口調でわたしに、

 

「お父さん、この事に比べたら、

 

○○君の事は小さい事でしょ。」

 

「元気を出さないとダメだよ。」

 

「そうだね。」とわたし、

 

それからわたしは、

 

気持ちを入れ替えて、

 

息子と共に学校まで報告に行きましたが、

 

改めて、

 

人生にはさまざまな事が起きます。

 

そしてそれは必ずしも順境な事だけではなく、

 

逆境と言われるような苦しい事もあって、

 

「人間万事塞翁が馬」、糾える縄の如く、

 

さまざまな出来事が織りなして人生です。

 

2022年3月11日の昨日、

 

改めてその大切な事を思い起こさせてくれた一日でした。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ ・孤低の黄昏ブロガー・趣味サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。