ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
 晴れ晴れ日和

「自分らしく」も「夢」も「定年後」も、元々ありもしない問題を、さも重要

いつの頃からか、世間は「夢を持て」だとか、

「夢を持たない人間は生きてはいけない」みたいな、

そんな風潮が跋扈するようになった気がする。

「夢を持たない人間は植物とおなじだ」などと、

映画の主人公がこれみよがしに言ってみたり、

学校の卒業式では、校長先生が「夢を持て」などと、

さも、夢を持たない人間は生きてはいけないみたいな、

無論、やりたい人間はやればいいのであって、

そんなことは何も、威張ることでも強制されることでも、

決してないことなのであって、

そういう言葉に煽られる必要は本来ないのである。

世間全体が一緒になって、

「自分らしく」も「夢」も「定年後」も、

もともとありもしない問題を、

さも重要なことのように見立てて、

「あなたはその生き方で大丈夫ですか?」と、

脅迫してきたのである。

人は生きていくなかで、

それまでそんなこと考えもしなかったのに、

(まあ、なかにはいたかもしれないが)

そんなうその問題に心つかまれてしまって、

「さあ、どうしますか?」と訊かれると、

「さて、どうしようかな?」などと、

本来考える必要もない無駄なことを考え、

心を煩わせて、取り越し苦労をするようになった。

「夢をあきらめないで」や「夢の途中」や「夢に手足を」や、

「夢は諦めなければ必ず叶う」などと、

巷には、そんな耳障りのいい言葉が氾濫して、

無駄な強迫観念に捉われた老若男女が、

やれ、「自分探し」だ「定年リアル」だ、「夢追い人」だと、

蟻が甘い蜜に群がるように、そんな言葉に群がっている様は、

まさに、そんな脅し言葉で金もうけをたくらむ連中の、

手のひらの上で踊る一般大衆の浅ましいことこの上ない。

そもそも「夢」も「定年後」も「自分らしさ」も、

「どうする?」もへちまもないのである。

「どうもしない」あるいは「好きにする」あるいは、

「なるようになるさ」でいいのであって、

勢古浩爾(著)「ただ生きる」流に言えば、

ほんのちょっとの意思と、

ほんのちょっとの生きがい(愉しさ)がある。

目的の夢もなくても、「生きる」を主題とした

「ただ生きる」で生きられればいいのに、

みんながみんな、

大きな目標や夢をもつわけではない。

しかし世間は、

大きな夢をもつ人間は、

小さな夢をもつ人間より上で、

小さい夢をもつ人間も、

なんの夢もない「ただ生きる」人間よりも上、

といった見方をする。

ほんとうは、どれもみんな同列なのだが、

世間的には決してそうではない。

社会にはすべてにおいて、

地位と収入と人気度によって、

位階と序列が存在し、

ほとんどの人間は、

それにとらわれている。

だけど、「ただ生きる」者は、

怠惰で不真面目で無気力な、

無為徒食の生き方をしている者ではない。

基本はまじめに生きているのである。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です