ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
 晴れ晴れ日和

【クレンリネス】たくさんの会社を見てきたけど、キレイな会社は発展する。

 

HTB(ハウステンボス)がまた身売りされた。

 

このコロナ禍によって、

 

大きく業績悪化してしまって、

 

香港のファンドに売却されてしまった。(..)

 

思い起こせば12年前、

 

HIS(エイチ・アイ・エス)が支援に乗り出すまで、

 

HTB(ハウステンボス)は開業以来、

 

18年間赤字続きだった。

 

 

思えば我が家のビッグドライブは、

 

いつもハウステンボスだったから、

 

とても哀しい出来事だった。

 

 

そんな窮地にHIS(エイチ・アイ・エス)が、

 

支援に乗り出したのである。

 

 

一代でHISを旅行大手に育て上げ、

 

新規航空会社スカイマークも立ち上げた澤田会長。

 

12年前、HIS(エイチ・アイ・エス)の澤田会長は、

 

HTB(ハウステンボス)再建に際して、

 

自ら園内ホテルに住み込み、

 

毎日自転車でくまなく回り、

 

従業員に声をかけ、客の声を聞いた。

 

澤田会長曰く、

 

たくさんの会社を見てきたけど、

 

キレイな会社は発展する。

 

僕がHTB(ハウステンボス)に行った当初は、

 

錆があったりして少し汚かった。

 

まずそれをキレイにしようと。」

 

 

そしてここからハウステンボスのV字回復が始まる。

 

光の王国(イルミネーション)に始まって、

 

さまざまな画期的イベントの数々によって、

 

見事大輪の花を咲かせ続けていたのだけれど、

 

この2・3年間のコロナ禍は、

 

想像以上のダメージを与え続けたのである。

 

それにしてもこのコロナ禍以前のV字回復、

 

その立役者は「クレンリネス」である。

 

かくいう私も、およそ40年間携わってきた「クレンリネス」。

 

 

ここで少し簡単に触れておきたい。

 

まず「クリーンネス」、

 

掃いたり拭いたりなど、

 

キレイにするための行為、作業。

 

対して「クレンリネス」、

 

その行為の結果もたらされる

 

「清潔で、安全で、快適な状態」。

 

クリンネスは掃除する者の立場から見た言葉で、

 

クレンリネスはお客さまの立場から見た清潔な状態。

 

つまり、いくらクリンネスに徹しても、

 

クレンリネスが保たれてなければ

 

意味がないということになります。

 

全てはお客様がどう感じるかということになります。

 

その原点に立った考え方ですべてのイベントが

 

企画運営されることによって、V字回復に至りました。

 

今回このハウステンボス売却のニュースのなかで、

 

この「クレンリネス」に光が当たったことが、

 

唯一私の中では救いであったような気がします。

 

 

最後に、これからもハウステンボスが、

 

新たな運営元になっても、

 

光り輝く施設として発展されることを祈ります。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です