Smile
笑顔だよ
浜辺のボトル

【佐藤愛子箴言集より】”老いは人生の総仕上げである”「人間すべて老いれば孤独寂寥に耐えねばならないのである。それをしっかり

一行で人々の心に刺さる文章、それが一行詩
また、生きるヒントや支えとなる人生訓・名言・格言
それらの先人からの座右の銘ともなりうる言葉・文章は、
【言葉の彫刻】とでもよべるような
深くて重い言葉の芸術の趣きがあります。
そしてそれらが今、【ボトルメッセージ】として、
この島の浜辺に流れ着きました。

人生の総仕上げ

〔人生の総仕上げ〕

人間すべて老いれば

孤独寂寥に耐えねば

ならないのである。

それをしっかり耐えることが

人生の総仕上げなのだ。

「女の怒り方」(エッセイ)

あるがままに受け容れよう

〔あるがままに受け容れよう〕

どんなふうに死にたいか、

と私は時々自分に訊ねる。

殆どの人が願うように

私もやはり「ポックリ」

死ぬことが理想である。

しかしそんな幸福な人は

ごく少数の選ばれた

人たちであろうから、

私はやがて訪れる私の死を

何とか上手に

受け容れたいと考える。

上手に受け容れるということは、

出来るだけ抵抗せず自然体で

受け容れたいということだ。

そのために私は、

(昔の人がしたように)

死と親しんでおかなければ

ならないと思う。

死を拒否しようと

努力するのでなく、

馴染んでおきたいと思う。

少しずつ

死に近づいていよう。

無理な健康法はするまい。

不自然な長命は願わない。

余剰エネルギーの始末に

苦しまなくてもいいように、

身体に鞭打って

働きつづけよう。

「人間の自然」を

見詰めよう。

死は苦しいものかも

しれないが、

それが人間の

自然であれば、

あるがままに

受け容れよう。

ボケ老人になることも、

人の自然であれば、

それを受け容れよう。

ボケることによって、

死の恐怖を忘れ、

種々の妄念から

開放されて

死んでいく。

あるいは老いて

ボケることは、

神の慈悲というものかも

しれないのである。

ならば遠慮なくその慈悲を

受け容れよう。

「こんな風に死にたい」(エッセイ)

女のたしなみ

〔女のたしなみ〕

自分が今、

女としての、

どのへんの位置に

存在しているか、

それを正しく

認識するのが

女のたしなみ

というものであろう。

若すぎてもいけないし、

老けすぎてもいけない。

「こんな生き方もある」(エッセイ)

面魂

〔面魂〕

私の波乱多い生きざま、

苦難との闘い、

撃ちてしやまんの気魄、

真理を洞察せんとする眼力、

そういうものが私の面魂を

養ったのでありましよう。

女として大切なことは

何かというと、

美人であるとか

チャーミングだなどと

いわれて

男どもに

もてはやされる

ことではない。

そんなものは、

生れつき与えられた

瑣末事に過ぎんのです。

己れの力で

創り上げるものこそ

大事なのである。

即ち面魂こそ、

それです!

「女の怒り方」(エッセイ)

【佐藤愛子箴言集】「ああ 面白かったと言って死にたい」

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ ・孤低の黄昏ブロガー・趣味サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。