よろこびをより多く
心と体で存分に生を楽しんでこそ美しい
 黄昏フーミン

【初孫誕生】「天使降臨」来た”黄昏”ている場合じゃなくなった!楽しみながら歩んで行こう。

 

【初孫誕生】「天使降臨」

 

”黄昏”ている場合じゃなくなった。

楽しみながら歩んで行こう。

 

 

一報(朗報)が入ったのは、

 

遥か遠くのカタールの地で行われている、

 

サッカーW杯の日本の初戦、

 

強豪ドイツへの劇的勝利の余韻冷めやらぬ朝、

 

息子からのライン「産まれたよー!」と共に、

 

産まれたばかりの初孫の写真。

 

「マジか!おめでとう!祝!」、

 

予定日は前日だったので、

 

前々日からソワソワドキドキの心持ちで、

 

ずっと地に足のつかない気分だったのだけど、

 

産まれたよの一報に、フッと肩の荷が降りたような、

 

其れと共に、何か心の奥底から沸々とした熱い想いが、

 

”これは黄昏てる場合じゃないな!”

 

妻が亡くなってはや八年が経ち、

 

息子も巣立ち家庭を持って、

 

35年間産み育てた会社も解散して、

 

一人静かに暮らす日々を迎えて、

 

人生の黄昏時を静かに黄昏ながら暮らそう。

 

そんな風に思って暮らしていたのだけれど、

 

”天使降臨”で、

 

心の奥深くに、フッと灯りが灯った気がして、

 

俄然、何か燃える想いが沸々と湧き立って、

 

その燃える想いの正体が何なのか、、。

 

そんなことをつらつらと考えている最中に、

 

息子から誕生報告の電話があって、

 

初孫誕生の詳細を聞きながら、

 

付けた名前の由来なんかを聞いて、

 

感心しながら電話を終えて、

 

しばらくすると、一気に色々と、

 

次から次に言葉が閃いてきて、

 

それまであった燃える想いの正体の疑問が、

 

一気に晴れやかになったように解けた。

 

 

これは、”黄昏”ている場合じゃないな!

 

どれだけあるかわからないけど、

 

この残された人生の時間で、

 

この燃える想いを形にしなきゃ!

 

 

これからは競争だな。

 

 

亡き妻が、難病を抱えながら、

 

せめて息子が小学校卒業までは、

 

それが中学校卒業まではになり、

 

そして高校卒業まではになって、

 

そして結局二十歳になるまで生ききって、

 

まだまだ見届けたかったであろう息子の人生、

 

今こうしてその想いを引き継ぐわたしが、

 

その息子の息子の誕生によって、

 

新たな息吹きを与えられているこの不可思議、

 

 

この命の連鎖、「手から手へ」

 

 

もう”黄昏”ている場合じゃないな。

 

この人生の黄昏時を、

 

新たな灯火とともに、

 

力強く歩きながら、

 

この”初孫”が幾つになるまで、

 

このわたしが見届けられるか、

 

そしてこの熱い想いを

どこまで形作れるか。

 

競争だな!

【初孫誕生】とともに、

ワクワクがとまらない。

 

残された時間を

創造することで

楽しめる幸せを噛みしめながら

一歩一歩歩んで行こう!

ABOUT ME
foomin
・1958年生まれ ・シニアブロガー・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 海とトラッドを愛し笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です