ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
 晴れ晴れ日和

【唯川恵】小説家「最初の一歩を踏み出すこと。結果は後からついて来る。」

〜生きてる限りパドリング〜

パドリングとは、

サーフィンで、沖へ向かうとき、

サーフボードに腹ばいになり、

両手でクロールのように、

水をかいて前進すること。

最初の一歩を踏み出すこと。

結果は後からついて来る。

もちろん希望通りの結果とは限らない。

でも、踏み出さない人に、

結果は決してやって来ない。

「唯川 恵」・小説家

波乗りしようと思ったら、

まずは沖に出ないと乗れません。

沖に出て、はるか先からやってくる、

いい波のうねりをひたすら待ちます。

Young lady surfer waits the waves in ocean during sunrise with surf board.

そしてこれだと思える波のうねりに、

そのうねりと合体するような気分で、

ただひたすらパドリングします。

そしてそのうねりとピタッと、

ハマった瞬間にテイクオフします。

そしてその波のトップから、

ボトムまで滑り降りて、

一気にターンしてライデイング。

元気が出る名言

サーフィンは人生の縮図のような、

そんなスポーツです。

楽しく波乗りするためには、

沖まで出て、いい波のうねりを

じっと待たなければいけません。

沖に辿り着くまでには、

幾つもの波を乗り越えなければなりません。

これはかなりの試練です。

時には波を乗り越えたり、

時には波の下を潜り抜けたり。

それには力強いパドリングの力が、

必要になってきます。

しかしそれよりも何よりも、

ボードを抱えて、海の中に、

一歩踏み出す勇気がまず必要です。

そうやって一歩踏み出してこそ、

波に乗れたり、波に巻かれたり、

そこには必ず結果がついて来ます。

人生もそれと同じで、

勇気を持って、

一歩踏み出すことでしか、

結果は付いては来てくれません。

〜生きてる限りパドリング〜

ただ愚直にいい波を求めて、

力強くパドルを、

続けていきたいと思う今日この頃です。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です