Smile
笑顔だよ
⭐️巫女の伝言

【巫女の伝言vol.1】「悩むな、考えよ。」自分らしく生きるためのヒント

【巫女の伝言】

「哲学の巫女」

池田晶子女史の言葉

「悩む」ということは、

自分のことで

堂々巡りすることであり、

その行き着く先は、

行き止まり、、。

「考える」とは、

自分一人のことから

適度な距離を持ち、

視野を広く持つこと。

 

 

 

 

「悩むな、考えよ」〈池田晶子〉

 

この言葉、

 

何故か美しい、

考え方が美しい。

 

本人はあくまで

「文筆家」と名乗り、

哲学を基本としつつ、

生涯、学者にはならずに、

あくまでも在野で、

生きた言葉、

生きた答え、

生きた問いを、

模索し続けた、

稀有な存在の哲学者。

 

 

 

 

 

 

【悩むな、考えよvol.1】

〈自分らしく生きるためのヒント〉

 

 

 

 

 

・何かにつまずいた時、自分を責めてみたり、

 

・何故か自分に自信が持てなかったり、

 

・「自信を持つべき」と言う考え方、

思い切り捨ててみませんか?

「べき思考」、

「こうあるべき」、「こうするべき」、

これは、完璧主義者や真面目な人が、

陥りがちな、自分で自分を苦しめる

百害あって一理ない考え方です。

 

自分より仕事が出来たり、

成績が良かったり、

ルックスが美しかったり、

そんな自分から見て”自分より優れた人”と、

決めつけて落ち込んだり、自信を失ったり、

そんな、他の誰かと比較して、

自分自身を貶めるのは、

今ここにある、ありのままの自分を

認められないという、自尊心の問題です。

 

・他人の評価や、周囲の目を気にして、

いつも不安な気持ちでいること、

人に認めてもらえない事を恐れる、

 

それこそが、自分の存在の根拠を、

他人に委ねている状態であり、

そこからは何も生まれません。

どんなに頑張っても、

どんなに努力しても、

自分自身に自信が持てない。

 

「わたしは出来が悪いから」、

「自分は何をやってもダメだから」、

それは、もしかすると、

幼い頃、親に認めてもらった

経験が乏しかったり、

「ダメな子ね」と否定的な

言葉を受けたりしたことに

原因があるのかもしれません。

よって、自己肯定感を

高めることが出来ずにいる。

 

今ここから、

 

そんな「自分はダメだ」という

セルフイメージから脱却するのです。

 

 

 

 

何かにチャレンジしたときの成功体験や、

コツコツと努力して、

何かをやり遂げたときの達成感、

そこから自信は生まれます。

自分が成長出来たという経験の乏しさが、

自信が生まれない要因となります。

 

どうすれば自分に自信が持てるのか?

自信のなさを克服する方法って?

 

そんな「自己肯定感の高め方」

 

「小さな自信を積み重ねる方法」

・自分自身を褒めること。

どんな些細なことでも、

目の前のことに真剣に取り組み、

やり遂げるたびに、

「よく出来たね」と褒めること、

 

その積み重ねが、「自信がない」という

考えに支配されないようになる、

自己肯定感を高めることに繋がります。

 

 

そして「ありのままの自分を許し認める」こと、

自分はダメだ、何も取り柄がない。

そんな風に自分を決めつけて、

自分の殻に閉じこもったり、

 

本来、いろんな可能性や、

魅力に溢れているのに、

それに蓋をして、

隠してしまっているのが、

他ならぬ自分自身であることを、、。

 

ありのままでいい、そのままでいいと、

許し認めることこそが、

自分が自分らしく自由に生きる

第一歩になるのです。

 

 

「他人基準はやめて自分軸で生きる」

人の目を気にして生きることに、

あなたは納得出来ていますか?

他人の評価や周囲の反応は、

限られた世界の偏った

評価でしかないということ。

そんな評価を基準にするのはやめて、

自分軸で生きていくのです。

自分はどうしたいのか?

何を大切にしたいのか?

そのことを基準にすることで、

納得のいく選択が出来、

自分の人生に自信が

持てるようになります。

 

 

 

「尊い存在である自分をもっと好きになれる!」

「自信がない」こと自体は、

問題ではありません。

もっと大切なことは、

自分自身を苦しめる考え方に気付き、

もっと自分に寛容になることが大切です。

そしていろいろな考え方を知ることで、

選択肢を増やすことによって、

いつかもっと自分を好きになり、

自由に生きられる道標となります。

 

 

〈kinarino.jp〉参照引用

 

 

今回の「悩むな、考えよ」ここまでとします。

 

次回の「悩むな、考えよ」お楽しみに!

 

 

 

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ ・孤低の黄昏ブロガー・趣味サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。