ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
文彰のブログ

【成人の日】そして今年4月に改正民法が施行されて「成人」になる年齢が18歳に引き下げられる。

コロナ禍の中、各地で新型コロナ対策を取りながら、

「成人式」が執り行われるらしい。祝。

これは本当に喜ばしい限りであって、

心からお祝いを申し上げたい。

かく言うわたしの地元でも、昨日に「式典」が

行われたようで、たまたま通りかかった駅裏の

大きな公園の一角には、たくさんの振袖姿の娘さん達が、

晴々しい表情の中にも初々しさに満ちた、何とも言えない

神々しいような空間をつくり出していて、

その脇を通り過ぎるだけで、何だか数十年若返ったような、

そんな心地よいひとときに出会うことができ、

すごく得をしたような、なんだか申し訳ないような、、。笑。

振袖姿の新成人たち

そんな光景を眺めながら、「おめでとう」の気持ちと、

新型コロナ禍で「大変だったね」の気持ちが交錯して、

こころから拍手をしてあげたい気持ちでいっぱいになった。

思えば、人生でいちばん晴れがましい年代において、

それこそ歴史的な異常事態に遭遇して、

お父さんやお母さんたち、あるいは、

お姉さんやお兄さんたちの成人時とは、まったく

異なるかたちの世上のなかで、その波に翻弄されて、

おそらく思い描いていたであろう青春時代とは、

似ても似つかないことであろうことは、

容易に察しがつくわけで、人生の大先輩として、

こころから「頑張ってね」と言ってあげたい。

ほんとうに今年は、「成人式」が行われて、

ほっとした気持ちでいっぱいになった。

振袖姿の新成人の人たちみんなに、

「おめでとう」と言いたくなる気持ちを込めて、

その脇を通り過ぎる黄昏のおじいさんでした。笑。

ところで、いよいよ今年の4月には、改正民法が

施行されることになって、現行の「二十歳成人」が、

「18歳成人」に移行されることになるらしい。

これもまた、歴史的「コロナ禍」にあって、

歴史的「民法改正」が行なわれる。

これによって、親の同意を得なくても、

ローンやクレジットカードなどさまざまな契約が、

18歳でできるようになることになるらしいが、

一方で、飲酒や喫煙などはこれまでどおりに、

20歳未満は禁止ということらしい。

ことなかれ主義の日本の官僚機構が、随分と、

思い切った民法改正に踏み切ったものであるが、

何だかその裏側には、また別の悪巧みの意図が

隠されているようで、ちょっと素直になれない

黄昏時をむかえたおじいさんがここにいます。苦笑。

まあ、なにはともあれ、移行されればされたで、

それが世の中のスタンダードとして

定着していくだろうから、そんな世の中に合わせて、

これからも生きていくしかないわけではあるのだから、

そんな新しい世の中を、ちょっと楽しみにしながら、

静かに時代に寄り添ってまいりましょう。笑。

何はともあれ「新成人おめでとう

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です