Smile
笑顔だよ
真・善・美

【真・善・美】宇宙の心が「真善美」以外の何ものでもなく、同時に人間の心の本質もまた「真善美」以外の何ものでもない。

この年末年始にかけて、

少し時間がとれたので、

天風さん関連の本をまた、

じっくり読み返すことが出来たけど、

そのなかで無性に気になる言葉がある。

【真・善・美】という言葉である。

以前から、わかっているようで、その実、

理解しきれてない”言葉”ではあったので、

今日はこの「真・善・美」を少し

深掘りしてみたいと思います。

その前に天風さんの文章から紹介します。

【人間の心と宇宙の心】

心と心は、愛し合えば愛し合う程、

密接に二つが一つに溶け合える点に、

愛の心というものの

尊さがあるのである。

だから、何事に対しても、

いつでも愛の心で対応して

いさえすれば、天地間の万物と

期せずして融和が出来る。

その結局はといえば、

求めずとても

万物一体の境地に入る。

これは言い換えると、

人間の心と宇宙の心と、

一つになれるということに

なるのである。

宇宙の心と一つに、

人間の心がなれれば、

当然の帰結として、

この宇宙の心が、

「真・善・美」以外の

何ものでもなく、

そして同時に人間の

心の本質もまた、

「真・善・美」以外の

何ものでもないことが

わかってくる

『ほんとうの心の力』引用

以上、天風さんの言わんとすることは、

なんとなく理解はできるのだけれども、

ここは、そも「真・善・美」なるものを、

ちょっと色々調べてみたいと思います。苦笑。

【真・善・美】とは、

「真」とは、

嘘偽りのない誠のこと。

「善」とは、

道徳的に正しいこと。

「美」とは、

美しいさまのこと。

これら三つは、人間が理想とすべき

基本的な価値概念であり、

行動規範だとされています。

つまり、「真・善・美」を、

体現することが人間の、

理想的なあり方である。

と言うわけです。

ちなみに、ユニクロ創業者の

柳井正氏もこの「真・善・美」を

心掛けているそうです。

私の生き方のモットーは、

正しいことをする、

行動しながら修正していく

ということです。

毎日の生活では、

「真・善・美」を実践するように、

最善を尽くしています。

英語では、「Truth』

「Goodness』

「Beauty』、

それらの価値観を

持ち続けることで、

人生を信頼できる方法で、

生きていくことができると

信じています。

(ユニクロ創業者)

また、全日本弓道連盟はこの「真・善・美」を、

弓道の「最高目標」と位置付けています。

弓道のあの凛として美しい所作の目指すところは、

「真・善・美」の体現というわけです。

確かに、「真・善・美」の三つの価値が、

見事に体現されている状態というのは、

水が高いところから低いところへ、

流れていくかのごとく、

無駄がなく、淀みがなく、力みもなく、

自然にものごとが流れていく様子が、

イメージされます。

それだけ自然の理にかなっているということですね。

これら上記の文章を読んでから、

あらためて天風さんの文章を読むと、

何だか少し理解出来そうな気も、

してこないではありません。苦笑。

「真・善・美」を目指すことの意味

「真・善・美」というと、

なんとなく日本の

伝統的価値観であり、

ちょっと古臭いイメージを

持つ人もいるかもしれません。

しかし、現在においては改めて

見直されるべき概念なのかもしれません。

なぜなら、この「真・善・美」が人々の

内的な拠り所に最適だからです。

いま時代は過度期を迎えていて、

この先どうなっていくのか

想像することができません。

これまで当たり前だと

思っていたことが、

次々と変化していく時代を

迎えています。

気をつけておかないと、

時代に流され、

自分を見失ってしまう恐れがあります。

そんな中で、自分を見失わずに

立ち続けるためには、

何か拠り所となる

内的な価値観を持つことが

必要となります。

「真・善・美」というのは、

まさにそれに「うってつけ」

というわけです。

私たち日本人にとっては

親和性が高いですし、

いかなる時代においても、

不変の価値を持っています。

以上、webマガジン「モチラボ」参照引用

 

 

新年早々、「黄昏のダンディ」が、

少し固い話になっちゃったような、笑。

まあ、この「黄昏BLOG」自体が、

いたって真面目なサイトですので、

ご容赦いただくということで、苦笑。

この「真・善・美」、

「書道」から入って、

少し求めてみようかな。なんて今日この頃です。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ ・孤低の黄昏ブロガー・趣味サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。