ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
文彰のブログ

【終の住処】を求めて!【引越し】は人生の棚卸しみたいなものかな!

”老いを楽しむ”をモットーに、
齡62歳の孤低の老楽ブロガーが徒然に綴る【老楽ノート】どうぞお気軽に
お読みいただければ。為にはなりませんが、何か?笑

還暦を越えて、【終の住処】なるものを
ずっと探していたんだけれども、

やっと落ち着けるところに落ち着いた!笑。
一月前に引っ越しをして、ほぼほぼ荷解きも
ひと段落したところです。それでもまだ、
10箱くらいの荷物が解かれてはいないけど、笑。
まあ、この10箱は息子の荷物なので、いつか
解いてくれることでしょう。気長に待とう。笑。

しかし、引っ越しという奴は、なかなかどうして、
骨の折れる代物でした。つくづく転勤族の皆さんの
苦労が身に染みた一ヶ月でした。荷造りから、
引っ越し、そして荷解き、もちろん、専門業者の方に、
依頼した上でのことですが、やはり当事者として、
それぞれに大変な骨の折れる仕事が山積みで、
ホントに、途中で投げ出したくなるような、大袈裟に言えば、
命を削った一ヶ月間、そんな感じでした。笑。

しかし、【引っ越し】というのも、疲れることばかりではなくて、
ホントに人生の棚卸しみたいで、荷造り中、荷解き中、
次から次に、「これは、ここにあったのか!」だったり、
一つ一つの品物を見つける度に、こんな事もあったなあ、
あんな事もあったなあ、」の連続で、手足を動かしながら、
頭の中は、走馬灯のように、”過去との出会い”を楽しんでいる自分、

40代の10年間、50代の10年間、10年区切りで生活して来て、
これから60代の10年間になるのか、それとも「終の住処」として、
落ち着いてしまうのか、神のみぞ知るの心境です。

この物件を紹介してくれた業者の方と、初めて見に来た時に、
空が青々と快晴で、業者の方が窓越しに言った、「快晴」ですね!
その一言が決め手になった【終の住処】この人生に幸あれ!

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です