ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
⭐️潮騒詩集

【茨木のり子】「あほらしい唄」この川べりであなたと ビールを飲んだ だからここは好きな店 七月のきれいな晩だった

古今東西、多くの詩人たちの作品、
     〈潮騒の詩集〉

【あほらしい唄】

【あほらしい唄】

この川べりであなたと

ビールを飲んだ だからここは好きな店

七月のきれいな晩だった

あなたの座った椅子はあれ でも三人だった

小さな提灯がいくつもともり けむっていて

あなたは楽しい冗談をばらまいた

二人の時にはお説教ばかり

荒々しいことはなんにもしないで

でもわかるの わたしには

あなたの深いまなざしが

早くわたしの心に橋を架けて

別の誰かに架けられないうちに

わたし ためらわずに渡る

あなたのところへ

そうしたらもう後へ戻れない

跳ね橋のようにして

ゴッホの絵にあった

アルル地方の素朴で明るい跳ね橋!

娘は誘惑されなくちゃいけないの

それもあなたのようなひとから

〈茨木のり子他作品〉

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です