Smile
笑顔だよ
障害者福祉資金

【障害者生活福祉資金公的貸付制度】一覧まとめ

Life planning images

〈障害者生活福祉資金ライフプランニング

【障害者生活の暮らしのバリア(障壁)除去を支援する】公的機関貸付制度

【障害者にとってのバリア(障壁)】
多様な人がいることを考慮しない社会によって作り出された様々なバリア
例えば日本で身体障害・精神障害・知的障害のある人は、総人口の7%で、
15人に1人です。障害のない人が多数を占めています。そのため、
これまでは障害のない人に合わせた社会が作られており、障害のある人にとっては
生活しにくい環境があり、困りごとを生むバリアとなっています。
大きく分けると①物理的バリア
(交通機関、道路、建物などの移動の際の物理的なバリア)

②制度的なバリア
(社会のルール、制度によって、障害のある人が能力以前の段階で、
機会の均等を奪われているバリア)

③文化・情報面でのバリア
(情報の伝え方が不十分であるために、必要な情報が
平等に得られないバリア)

④意識上のバリア
(周囲からの心ない言葉、偏見や差別、無関心など、
障害のある人を受け入れないバリア)

こうした様々なバリア(障壁)の除去を
経済面で支援する公的資金貸付機関

一厚生労働省生活福祉資金

一全国社会福祉協議会

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ ・孤低の黄昏ブロガー・趣味サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。