Smile
笑顔だよ
文彰のブログ

黄昏ひとり暮らし「久しぶりの書店は”知の宇宙”だった!」

この数ヶ月間、ずっと慌ただしい日々が続いて、
今日やっと、久しぶりに書店に行けたのですが、店内に入った瞬間、何故か、何物かに”圧倒”されてしまいました。

・人文、科学、参考書、実用書、ビジネス書、エッセイ書、小説、何と本のジャンルは6800種以上。
その上、何と年間7万冊以上が出版されているとの事、

「吉本隆明」、「ドラッガー」、「南方熊楠」、「立花隆」、「ジャック・アタリ」、「松岡正剛」、「小林秀雄」と
”知の巨人”と言われた方々、その知識の量たるやどれ程だったのか、想像すら出来ないですね。

書店に入った瞬間、知識の宇宙に放り出された様な錯覚で、このままその宇宙に吞み込まれそうな恐怖感。

我に返るのに、数分間掛かりました。自分の中では、本屋さんはホームの筈だったのに、驚きでした。

自分の感性が変化してるのかな。(進化か退化かわかりませんが。笑)

改めて思い浮かべた、ソクラテスの名言!

”無知の知”

神だけが知者であるとの立場から、人間の本質は
いわゆる賢者や知恵の本性が、神と比すれば無に等しいものであることを明らかに自覚すること。
”無知の自覚が無知の知であることにほかならず”

”無知の知”を知り生きてゆく!by ナルーでした。

人生を考える中高年の皆さん(若い人もいたらうれしい)今日も「黄昏ハート」(波乗り天風)に来てくれてありがとうございます。
颯爽と、人生の波風乗りこなしていきましょう!

人生を考えるすべての皆さん!「バンガレ!」

などと書いていたのがちょうど2年前の夏頃のこと、

それから二度の四季を越えて、三度目の冬を迎えて、

少し冷たい風の吹く中、行ってまいりました紀伊国屋書店。

相変わらず私にとって、書店は「知の宇宙」でした。笑。

かつての私の愛読コーナーは、「ビジネス書」と相場が決まって

いたのですが、人生の黄昏時を迎えた今の私にとって、

「ビジネス書」はちょっと気恥ずかしく、だからと言って、

「小説」をゆっくりと堪能するほどの余裕もなく、苦笑。

ついつい足が向くのは「エッセイ」コーナーです。笑。

それも何故か男性作家というよりは女性作家の方が好みで、

まあおそらく、内容的に忌憚なく言い切る女性作家特有の

文体の方が好みなのだと思われますが。苦笑。

書店に入って、まず「新書」をチェックして、

それから「小説」コーナーをチェックして、そしてやっと、

好みの「エッセイ」コーナーを堪能します。笑。

そこで一通りチェックし終わって、最後に「ビジネス書」や

「哲学書」コーナーなどもサッと背表紙を眺めつつ、

ようやく落ち着いた気分になって、帰途へと着きます。笑。

Vector illustration of book shop showcase with lots of books with bench and little bookcase outside. Book shop exterior in flat style.

そう言えば、若い頃、将来の夢は「書店を開く」だったのを

思い出すというか、まだその夢は心の底でスヤスヤと寝息を

たてて眠っています。苦笑。可愛い寝顔です。笑。

その夢を叶えようと、書店の採用面接を受けた際に、

「将来の夢は書店を開くことです!」と嬉々として言った事は、

わたしの黒歴史の一ページを彩っています。苦笑。

もちろん不合格。あれからわたしの人生も変わっていったような

なかったような。苦笑。今寝息を立てて眠っているわたしの夢君は、

いつか起き出すことがあるのでしょうか?黄昏ひとり老後の

ささやかな楽しみではあります。笑。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ ・孤低の黄昏ブロガー・趣味サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。