Smile
笑顔だよ
【天風哲学】書籍

二刀流をひっさげて海を渡った大谷翔平がまだメジャーに行く前、熟読していた一冊の文庫本【運命を拓く】中村天風(著)

世界中から才能が集結している

熾烈な競争の世界で、

圧倒的な成績とその佇まいで

傑出した存在感を放つ大谷翔平

とても27歳とは思えぬその強靭な精神力の源は、

本人は多くを語らないが、渡米前に熟読していた

一冊の文庫本に、そのヒントは隠されている。

天風哲学が説く、積極的人生

1919年、辻説法での第一声から、

100年続く至高の人生哲学

「運命を拓く」中村天風(著)

[天風小伝ーまえがきに代えて]

人は、

自分の体験と学問の範囲でものをいう。

範囲を超えたことに遭遇すると人は、

否定、疑惑、不信、と、拒絶的態度に出る。

中村天風という人物は、我々の日常的な体験や

学校で教える学問の領域を、はるかに超えている。

中村天風と遭遇した時、あなたは、

どんな態度に出るか。拒否か、

それとも信服か、私は関心を持つ。

現在、何も確信するものを持たない人間にとって、

この書は驚異の書であるが、また人間に、

信念を与える書でもある。

この書の熟読をお奨めし、併せて心身統一法を

行じられることを熱奨するものである。

財団法人天風会会長 医学博士 杉山彦一

[目次]

真理瞑想行について

序章  朝旦偈辞

第一章 生命の力

第二章 人生を支配する法則

第三章 潜在意識とその性能

第四章 言葉と人生

第五章 大いなる悟り

第六章 人生と運命

迺七章
人間の生命の本来の面目

第八章 人生の羅針盤

第九章 第一義的な活き方

第十章 恐怖への戒め

第十一章 勇気と不幸福撃退

第十二章 理想と想像

第十三章 一念不動

[あとがき]

「生き甲斐ある人生を生きるためには、

人間の生命に与えられている法則を

自分なりに考えて、正しい真理に到達する、

この悟りが必要である。

それには難行苦行して尚、

時日を重ねるのが常である。

しかしそれを体験した私が、

その悟りの内容を手っ取り早くお伝えしよう。

その内容を真剣に素直に会得すれば、

あながち難行苦行せずとも結果は同じである。」

といみじくも仰せられた。

さすれば本書はまさに、

人生を解決する悟りと師の慈愛の集大成であると言い得る。

換言すれば、健康と幸福への門を開く鍵を蔵した

玉手箱にも等しい。

何卒この玉手箱を飾り物として安置せず、

韋編三たび絶つの故事に倣い、

熟読玩味、ひたすら実践躬行、偏に天風師のお心に

応えられんことを乞い願うものである。

(財)天風会理事大阪支部長 医学博士 山田保夫

腕に自信のある船乗りは、静かな海より、

荒波を乗り切る航海の方が張り合いがあるという。

たとえ人生に苦難や苦痛はあろうとも、

それを心の力で喜びと感謝に

振り替えていくのである。

(本文より引用)

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ ・孤低の黄昏ブロガー・趣味サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。