ブルーに恋して
優しく、強く、晴れ晴れと、
天風哲学【禅・瞑想】

”禅・瞑想”入門 序章

最新脳科学が実証済みの”禅・瞑想”の効果!

今では、世界に冠たる名だたる企業も、
続々と瞑想を、カリキュラムに
導入しています。
(グーグル、ゴールドマン・サックス、
インテル、ナイキ、マッキンゼー、等)

それも、メンタルヘルス対策というより、
仕事のパフォーマンス向上を主目的に。

これは、マインドフルネスという
言葉に置き換えられて、
従業員トレーニングの一環として、
導入されています。

従来のメントレは、「行動」や「考え方」を
変えることに主眼が置かれていましたが、

マインドフルネスは、「注意」や「気づき」を
変えることに主軸が置かれていることから、
第三世代のメントレとも呼ばれています。

そしてそのマインドフルネスの起源は、
日本の禅の瞑想にあります。
瞑想にストレス軽減の効果があることは
広く知られていましたが、
事実、医療分野では、
「マインドフルネスストレス軽減法」として、
標準化されて、慢性的な痛みや、
ストレスを抱える患者の治療に広く利用
されてきました。

その後、脳科学の進展によって、
科学的な検証が重ねられて、
マインドフルネスに仕事の
パフォーマンス向上や、
職場の人間関係改善に効果があることが
明らかになるにつれて、
現在では、ビジネス分野でも広く
活用されるようになりました。

近年、日本に逆輸入される形で、
マインドフルネス(瞑想)の
実践者が急増いたしました。

それに伴い、日本でも、
仕事のパフォーマンスと
瞑想との関係の実証的研究が
すすめられて、その結果、
活き活きと働いて仕事で
成果を出すためには、
「睡眠時間」や「睡眠満足度」よりも、
「瞑想の頻度」の方が、関連性は高い
という調査結果が判明し、日本でも、
従来の「禅・瞑想」が、
マインドフルネスという形で、
様々なメソッドで、広く普及することとなっています。

集中瞑想 自分の呼吸や目の前にある物など、ひとつの対象物に注意を集中させる
観察瞑想 瞑想中にわき起こる思考や感覚をそのまま観察していく。
思いやり瞑想 ストレスを利用して集中&リラックス状態をつくる。
マインドフルネス ボデイとマインドが一体化した「心身一如」の境地
マインドフルネス

新しいアイデアや創造性が促進される。
禅・瞑想入門

禅・瞑想「マインドフルネス」
=医療分野でもビジネス分野でも活用されている。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です