Smile
笑顔だよ
天風哲学【禅・瞑想】

”禅・瞑想”の方法まとめ

瞑想の方法まとめ

「座禅」と「瞑想」の違い

「瞑想と座禅はどう違うのでしょうか?」
という質問を受けることがあります。

結論から言いますと、
座禅と瞑想は同じものである。
と考えるのがもっとも賢明だと思います。

なぜなら、「もっとも正しい座禅」と
「もっとも正しい瞑想」とは、
その内容においては、
まったく同じものだからです。

座禅という言葉は、
長い歴史のある日本の禅宗で
使われてきた用語であり、
瞑想はあらゆる、
「座って心を静める方法」を言います。

世界全体で行なわれている瞑想法は、
おもなだけでも、現在、
10種類ほどはあるでしょうか。
しかし、その中には、実体は、
「集中の行」だったり、
瞑想と言うよりも宗教的な
空想が目的だったり、
本来の瞑想の目的から
外れたものも少なくありません。

「沢井惇弘(著)最高の瞑想法」より引用」

禅・瞑想の種類・方法まとめ

瞑想の下準備 瞑想に入る前に行なう「調心」心を清らかで静かな状態にする。「調息」呼吸を整える。「調身」ストレッチや柔軟等で体の調子を整える。
一点注視法 黒い丸い点やローソクの灯等を、じっと見て意識を集中する方法。
一音傾聴法 ブザーの音や、鈴の音等の流れる様な連続音を集中して聞く方法。
瞑想の姿勢 背筋をまっすぐに垂直にする。眼は半眼で1㍍ほど前に落とす。
足の組み方 半枷麩座、結枷麩坐、正座、胡坐、椅子に座る、仰臥等。

一日に何回でも自由、生活リズムに合わせて、トータルで10分程度。多くても30分程。長すぎても効果は期待できない。毎日継続が大切。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ ・孤低の黄昏ブロガー・趣味サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。