Smile
笑顔だよ
ヤモメの雑記帳

【老後の不安】歳を重ねても人生ってわからないもの!

 

歳をとるということは、

 

老いていくということ、

 

老いていくということは、

 

それだけ経験値が増すこと、

 

人は概ね、経験を重ねれば、

重ねれば重ねるほど、

 

そのことに対しての

 

耐性だとか、慣性だとかって、

 

本来、そういう類のものは、

 

増していく生き物のはずだけど、

 

現実は、なかなかどうして、

 

現実に老後真っ只中の今日、

 

仕事兼用の自家用車を、

 

車検に出してきたのだけれど、

 

一昨日の業者さんからの、

 

「代車用意出来ましたから、

いつでも持ち込んでください。」

 

の一報を受けて、今日揚々と、

 

持ち込みに行っったのだけれど、

 

まさかまさかの、代車はミッション仕様。

 

「いやいや聞いてないよ!」と、

 

言いたかったのだけど、そこは、

 

グッと我慢して帰って来た。苦笑。

 

行きの車中では、

 

少し喉も渇いていたのだけれど、

 

帰りの車中で日頃飲まない

 

缶コーヒーでも買って飲もう!

 

なんて、日常の中の非日常?、

 

みたいなホント、

 

ささやかなひとり老後の

 

楽しみなんかを想像しながら、笑。

 

そんな揚々とした行きの車中の想いは、

 

無惨にも見事に打ち砕かれて、

 

帰りの運転はもう”必死のパッチ”。

 

昔患った脳梗塞の後遺症で、

 

左半身に若干の麻痺や痺れが

残っている身体なので、

 

そもそも左手のミッション操作と、

 

左足でのクラッチ操作が超不安。

 

 

何十年ぶりでしょうか?。

 

それでも、元来の楽観主義と、

 

歳を重ねた故の前向きな精神性。

 

「これって、かぶと虫(ワーゲン)

乗ってるつもりの経験に良い?」

 

なんてことを考えながらいざスタート。

 

普段考えていた、生涯の最後は、

 

ワーゲンに乗ってみたいの想い。

 

ミッション操作も

左半身のリハビリになるかも?

 

なんて甘く切ない想いは、

 

今日見事に砕け散った。笑。

 

道中20分程だったけれど、

 

坂道発進で超緊張MAX!

 

缶コーヒーの淡い夢は、

 

いつの間にか消え去って、

 

挙げ句の果てには、

 

一度信号待ちでエンスト!苦笑。

 

何ともトホホな、

 

車検代車事件の顛末でした。

 

 

イヤもうね、大概のことは経験してきて、

 

このひとり老後を暮らしてるんですけど、

 

人生って一寸先は闇、

 

閻魔様でもわかりますまい!

 

何が起こるかわかりませんね!

 

代車がミッション仕様なんて、

 

まったく考えてもいませんでした。

 

 

運転に四苦八苦しながら、

 

「でも何だか、

ちょっと脳が活性化してる?」

 

なんてことを考えてる私は、

 

まだまだひとり老後を、

 

楽しんで行けそうな、

 

そんな予感もしています。笑。

 

でも、出来上がりにまた、

乗って行かないといけないのは、

ちょっぴり憂鬱ではあるのだけど。

 

(苦笑)。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ ・孤低の黄昏ブロガー・趣味サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。