ブルーに恋して
晴れ晴れと生きる
文彰のブログ

【マスク美人】は【こころ美人】からの【おなら美人】”人生は思いやりと思い込み”!

”老いを楽しむ”をモットーに、
齡62歳の孤低の老楽ブロガーが徒然に綴る【老楽ヤモメnote】どうぞお気軽にお読みいただければ。為にはなりませんが、何か?笑

最近では、コロナ禍のせいで、
ほぼほぼみんなマスクをしてます。

おそらくほとんどの人が、
いやいやながらマスク生活を
してるんだろうな~と、少し
可哀想な気分にもなったり
してますが、わたし自身は、
もうこの10年くらい、
花粉症という厄介者のせいで、
ずっとマスク生活をしてますので、
まったく今のこの状況が困った
などということはないのですが、
なにしろわたしの花粉症は、
年中無休という働き者ですから、
もうずっとマスク生活です。笑。

まァ、わたしがマスク生活上級者
なんてことを、自慢したくて
(自慢にはならないけど)
こんな書き出しをしたわけでは
ありません。この世の中総マスク生活で、
最近、ひとつ気付いたことがあります。

それは、マスク越しでも、美人は美人
なんだなァということでして、
そもそも顔なるものは、
目、鼻、口、耳、そして輪郭、総じて
こんなパーツの集合体ですが、
マスクをすることによって、その
大体5,60%の部分は隠れます。
ですから本来であればその人が、
美人さんなのか?あるいはそう
ではない人なのか?(ここ
気をつけて書かないと大変なことに)

マスク越しでも、きれいな人だなァって、
思ったり感じたりするのは、やはり
人っていうのは、目による印象が一番
大きいのかなって思ったりしてます。

「目は口ほどにものを言う」とか、
「目力」とかいう言葉があるのも、
人が人の印象を感知する時に、
「目」という存在から受け取る情報が、
ほかのそれぞれのパーツよりも
絶対的にその印象を左右する情報量
としては大きいんだなと、、。
”だからなんだ”という話では
あるんだけれど、笑。
これからは、目元のプチ整形が
増えるのかな?鼻筋や口元で
勝負する人はちょっと
不利な時代が続きそう。でも結局、
人の内面というものが、「目力」
として放たれて、その優しさや強さや、
「思いやり」の心が、マスク越しでも、
人に伝播していく「こころ美人」は
「マスク美人」ということなんだな。

話は飛ぶけど、昔、友人と彼女の
「おなら問題」で議論になった記憶が、、。
”彼女のおならを許せるか否か?”
まァ、随分と平和なことではあるけど、笑。
幾ら美人の彼女でも、人間だから生理的には
”おなら”もするわけで、只、男は馬鹿だから、
”美人の彼女”は”おなら”をしないと、
思い込みたいわけで、そんな男の勝手な
思い込みを「こころ美人」な彼女は、
その”思いやりの心”で、男の前では、
決して”おなら”をしないという「優しさ」
で応える。涙ぐましい!いい話です。
それが、恋なのか変なのかは、
みなさんの判断に委ねます。笑。
「マスク美人はこころ美人」。

【こころウエーブ】
では、こんな読む人によっては
ある意味どうでもいいような話が
綴られることになりますが、
何せ、最近学んだ”文章術”にある
「事象と心象が交わる
ところに生まれる文章を書け」
とありましたので、思い切って、
書き綴っていこうと思っています。笑。

ABOUT ME
大塚文彰
・1958年生まれ //・ブルー愛好家//・趣味〜サーフィン(若い頃) 80年卒業後、薬品会社勤務の後83年脱サラ会社起業~現在に至る。傍ら縁あって出会った天風哲学を独学実践中!還暦を機に法人解散しフリーランス活動中。 60代一人暮らしを笑顔で暮らす。
〔スポンサーリンク〕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です